薬学部に通うために奨学金制度を利用する方へ

薬学部に在籍する6年間分の奨学金を借りると、額はかなり大きなものになります。卒業後、奨学金が返済できなくなる人が増加しているという問題は、ニュース等でも取り上げられていますが、決して人ごとではありません。毎月の返済額は大きなものではありませんが、それでも新卒社員にとって容易に捻出できるものではないのです。また、卒業後すぐに就職できるという保証もありませんし、病気・事故等で働けなくなる期間が発生する可能性もあります。奨学金を借りる際には、将来設計を含めた、慎重な検討が必要です。

奨学金制度を設けている機関として有名なのは、日本学生支援機構ですが、他にも地方自治体、民間団体、各学校、薬局などが薬学部に通うための奨学金制度を設けています。学校の場合、成績優良であれば、返済が免除されることがあります。薬局の場合、卒業後にその薬局で一定期間勤務することで返済が免除されるという制度を設けているところがあります。また、貸与ではなく、給付型の奨学金制度を設けている機関もありますので、奨学金制度を利用する際には、幅広く情報を集めて検討してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です